転職のメリット、デメリット

転職のメリット、デメリット

ケースワーカーへの転職

相談を聞いてくれる人物というのは、社会的に困っている立場の人からすると大変ありがたい存在です。地域でそういう役割りを果たしているのが、ケースワーカーです。基本的な仕事は福祉事務所の窓口で相談を受けて、解説策を練って更生のためのアドバイスや手続きを行います。例えば、生活保護を求めている人、母子家庭、高齢者、身障者、などに対してこういったことを行います。ケースワーカーは窓口で相談を受けるだけではなく、実際に相談者の自宅を訪問することも多いです。そのため、相談者に安心感を与えやすい女性のケースワーカーは重宝されます。聞き上手で、人を助けたいという正義感が強く、行動力のある人が適任です。

将来転職先として考えているのであれば、大学、短大等で社会福祉を学んでおくのがベターです。福祉六法は必ず抑えておきたいポイントとも言えます。最近では公的介護制度なども変更が多いので、常に新しい知識を身につけておくことが必要です。ケースワーカーは地方公務員試験をクリアしていることが必要ですが、その他に社会福祉士や社会福祉主事任用資格、などがあるとさらに有利です。福祉系に強い人であれば、結婚後の転職先としても向いています。

Copyright (C)2018転職のメリット、デメリット.All rights reserved.