転職のメリット、デメリット

転職のメリット、デメリット

転職市場の動向について

日本においては終身雇用が主流ですが、転職が普通に行われるようになってきました。サラリーマンも、給与など待遇面においてより条件のいい企業に変わろうとしますし、あるいは長らく不景気の影響で仕事を変わろうとする人も増えています。サラリーマンにとっては、安定した仕事を手放してステップアップするので、やはりリスクが伴います。社会全体が、転職を容認する方向にあるとは思いますが、転職者に対する需要が高まらないと難しい面があります。一方で、日本は少子高齢化時代に突入して久しいですが、労働人口が減ると、人員を量ではなく、人材という質で捉え直す必要があります。

例えば、新規に事業を展開したりするような場合、その事業について知識やノウハウを有する人間を連れてきた方が効率的です。また、同業でも違う企業の経験を持つ人が入ってきたり、あるいは異業種の仕事の経験が入ってくれば、その企業の考え方が多様化し、ダイバーシティという意味でも大きな意味があります。全くの新しいものを考え出すよりも、既存のものの組合わせから新しいものを作り上げる方が手間もかかりませんし、より実践的だと思います。その意味で、今後は転職についてより拍車がかかるのではないかと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2018転職のメリット、デメリット.All rights reserved.