転職のメリット、デメリット

転職のメリット、デメリット

心理カウンセラーの転職に向いているのは?

近年では心に問題を抱えた人が増えていると言われています。そういう人たちは生きる希望を失っていることも多く、社会から遠ざかっている人もいます。そういう人達の話を聞いて、心の状態を回復させていくのが心理カウンセラーの仕事です。一般的な職業名では臨床心理士と呼ばれることが多い職業で、人の相談を黙って聴いてあげられるタイプの人が向いています。心理カウンセラーというと、相談されたらそれに対してどんどん自分のアイデアを出していくようなイメージがあるかもしれませんが、それは違います。心に問題を抱えている人達というのは、自分の頭ではどうするべきか分かっているけれども、それに心がついていっていない場合が多いです。

心理カウンセラーはそういう人達に話をする事を促し、黙って耳を傾けます。患者さんは自分の言葉にしていくうちに、次第に自分の進むべき道が自分で探れるようになっていきます。心理カウンセラーに転職する人の中には、結婚や育児を経験した人もいますが、それはマイナスにはならず、かえって患者さんの話に耳を傾けるスキルを補ってくれると言われています。結婚や出産をするとしばしば転職にはマイナスに働きがちですが、心理カウンセラーという仕事にはプラスに働くといっても良いでしょう。

Copyright (C)2018転職のメリット、デメリット.All rights reserved.